不定期更新

『田舎者でも考える、しょうもないビジネス論』

ここでは気が向いたときに、『研修会』や『ミーティング』時にお話しさせていただいた内容を少々抜粋して気ままにUPさせていただいております。

~新潟応援~地元魂~


【其の83】未来を変える言葉

いつもありがとうございます。今回は私も好きで読んでいる【メンタリストDAIGO】さんの書籍から一部を抜粋してご紹介致します。

 

■毎日がつまらないのは、あなたが簡単なことばかりしているからだ、簡単なことをいくらたくさんやっても達成感や喜びは感じられない、ほんの少しでも構わないから、挑戦を続けることだ。
 毎日少しずつハードルを上げて、過去の自分を超えていこう。自分を超えることに勝る、人生の喜びはないのだから。

 

■失敗しないことは誰にもできないが、諦めないで挑戦し続けることは誰でもできる。
夢をかなえた人は、どん底に落ちるかもしれないリスクを取って挑戦する勇気と、諦めず挑戦を続け、どん底から這い上がる忍耐力を持っている。大切なのは自分の可能性を諦めないことなのだ。

 

■人生は、あなたが思った通りになるのではなく、あなたがやった通りになるのだ。
頭の中であれこれと考えたり、引き寄せだのなんだのと妄想し、未来を期待する暇があるなら、自分で行動して未来を作ってしまえばいい。日々あなたがしてきたことが今と未来を作るのだから。

 

■厄介事を避けるのではなく、それを利用して経験を積み、成長することを考えよう。
みんなが避ける厄介事は、乗り越えてしまえば、問題を避けたその他大勢が手に入れることができない、貴重な経験と能力をあなたに与えてくれる。他人が避ける苦労は率先して体験してみよう。

■あなたが自分のために働いているうちは、あなたのために働いてくれる人は誰も現れない。
あなたが他人のために働くようになれば、あなたのために働いてくれる人が現れる。
仕事や人生における最高のパートナーを見つける唯一の方法は、他人のために働くことだ。きっといい出会いがあなたを待っている

■優秀なリーダーの仕事は、人に命令することではなく、人を導くことである。
どんな人間にもプライドがあり、人の言いなりに生きることには抵抗がある。命令だけでつながった上下関係が崩壊するのはこのためだ。命令するのではなく導くようにすれば、心理的な抵抗がなくなり、人は積極的に動く。

■成功には必ず嫉妬がついてくる、だから嫉妬されたらそれはあなたが成功に近づいているという証拠だ。
 嫉妬や蔑み、根拠の無い誹謗中傷は上等だ。あなたがが成功者の世界に歩みだせば、愚者は一生懸命その足を引っぱろうとしてくる、その顔を蹴り飛ばして、嫉妬に負けず前に進もう。

■出し惜しみするのはやめよう。
アイデアでも知識でも出せば出すほど、新しく質の良いものが手に入る。現在の自分のアイデアや知識を出し惜しみしてしまうと、頭にそれが詰まって、新しいアイデアや知識はもう出てこなくなってしまうのだ。ケチケチしないで大盤振る舞いしよう。

 

■仕事がつまらないとしても、まずは今していることで一番になることを目指そう。そうすれば、誰もあなたにつまらない仕事をさせようとは思わなくなる。ひたむきに打ち込み、能力を高めることこそが、あなたの求める自由な道につながる。自分の可能性を信じて、目の前のことに打ち込もう。

■今日が人生最高の日だと考えて、全力で楽しもう。
 今日という日はあなたの人生で得た、すべての経験と知識の上にあるのだから、最高の洞察力を持って、最高のチャンスをつかむことができる。
 今日という、人生最高の1日を全力で生きよう、楽しもう。そうすれば最高を超える明日があなたを待っている

■誰のもとで働くべきか迷ったなら、夢を見せてくれる人のもとで働くことを選ぼう。
 優れたリーダーは仲間に夢を見せることで士気を高め、それを現実化する。仕事は上司で選ぼう。目標やノルマを課すだけで、夢を見せることのないリーダーのもとで働くことほど、苦しいことはないのだから。

■向かい風が吹いた時でも、自分自身が向きを変えればその風は追い風になる。
 逆境も同じで、あなたが柔軟に対応することができれば、新しいチャンスが見つかったり、自分の成長につながったりして、追い風に変えることができる。大切なのは意地を張りすぎずに、柔軟に状況を利用する賢さを持つことだ。

■考えているふりをして、決断力のなさを正当化するのはやめよう。
やったほうがいいと判断しているのに手を付けていないのは、考えているのではなく怠けているだけなのだ。こういった判断の遅さが積み重なることで、人生に大きな差が生じる。多くを掴みたいなら、決断から行動までの時間を短くしよう。

■この世で最も希少で、いくらお金を積んでも手に入れることができないのは「時間」だ。
 働くことで、あなたの時間はお金に変えることができるかもしれないが、お金で時間を取り戻すことはできない。時間の使い方を学ぼう。時間の使い方が上手い人が、すべてを手に入れるのだ。

要は、メンタルコントロールの仕方次第で、人は幸福感を得ることも、成功に近づくことも出来るということなのだと思います。

これまで無意識状態だった自分の行動を、意識してみると確かに上記に記載されているようなことも沢山あり、そうなのかも知れないなと勉強になりました。


【其の82】1人1人の心の問題が組織をダメにする。

いつもありがとうございます。今回は有名な例え話をしたいと思います。この内容は1人1人のちょっとした気持ちが組織を劣化させていくという例えとして、様々な方が様々なところで話をされていますので、知っておいて下さい。

 

その昔、ある村で毎年開催されているお祭りがあったそうです。毎年恒例の出し物として鏡割り(お酒)が行われていましたが、ある年は不作により樽を購入する資金が村にはなく、中止せざる得ない年があったのですが、ある村人が、みんなでコップ一杯ずつで構わないから持ち寄ってみたらどうかと提案し、『それは良いアイディアだ!コップ1杯位なら協力出来そうだ!』と村民は協力し、結果樽になみなみと集まったそうです。無事にお祭りは開催され、鏡割りも滞り無く実施され、村民はまちにまった1杯を飲んだそうです。

 

素晴らしいアイディアと団結力ですよね。こういったことは企業においても似たような事柄があるかと思います。ピンチをみんなで乗り切ることが出来たというお話しでした・・・・と思いきや、この話には続きがあります。

 

 

素晴らしいお祭りになったと思いきや、実は待ちに待った1杯を飲んだ村人は、全員こういったそうです。

『なんだこれ!?ただの水じゃないか!!!!』

そうです。村人の多くはお酒ではなく、水を樽に入れていたのです。自分位はいいだろう。分からないだろうと。

しかしながら、同じように考えていたものが複数いた為、ほとんどが水で満たされていたのです。

 

つまり、このお話は自分1人位さぼっても分からないだろうと思うということは、ほかの人も同様に同じことを思うという教訓であり、悪いことやさぼりたい、自分だけは得をしたいという衝動は誰にでもあるということ、つまりバレてしまうということを説いています。

 

そして、企業組織として考えた場合、1人の手抜き、1人位はしょうがないという風習は、会社のルールを乱し、団結力を奪い、のちに大きな代償となって返ってくるということを説いています。

自分本位の従業員、言い訳の多いSTAFFなどを放置せず、規律も持ち、自分が会社を支えるのだという従業員を生み出すことも会社として、経営者として重要な事柄ですので、求心力のある人間を目指していってください。本日は以上です。


【其の81】足元を見られるような経営者であってはならない!

いつもありがとうございます。今回は経営者として、時には強がりや、はったりも必要であるということについて話たいと思います。

近年、中小企業において人手不足は大変深刻な問題です。仕事はあるが人がいない・・・人はいるが、かといって賃上げは出来ない状況・・・業務効率化/改善案はあるが実行する人材がいない・・・または改善案すらない・・・

また、社外的に重要な事柄として金融機関からの融資がありますが、金融機関は、晴れているときに傘を貸し、雨に日には取りあげるということが今もありますよね(当たり前のことですが金融機関も商売ですから客観的に考えれば当然なのでしょうが)

こういったことからも分かる通り、やはり様々な場面場面で経営者たるもの、強気の姿勢と弱みの見せ方を演じわけなければなりません。

 

○社内において

・賃金問題/人手不足/業務内容

○社外において

・銀行融資/取引先/お客様

 

○社内においての対策

我が社の進むべき道はここである!(信じてついてこい!考えが違うものは去れ)

方は我が社にとって必要な人材である!(君を信じている!君たちの力が必要だ!)

業績は厳しいが、モチベーションを上げる為、賃金を上げる!(賃金を上げるから、更に頑張ってほしい)

やる気のない従業員を切る勇気(人手不足だから首はないと、考えているような従業員が多いほど社内は腐っていく)

 

○社外においての対策この事業プランを実現する為に融資をお願いしたい!

他社よりも自社の方が優れている

弊社が取りまとめるから安心して業務を任せてください!

 

経営者たるもの、恰好たる信念をもち、常にプラス思考であってほしい。そして、マイナス思考の人材を鼓舞し、その場の感情だけで行動せず、会社の未来予想図(5年後10年後)に会社の核となる人材育成・業務・事業投資をしなければならない。そうしなければ、弁のたつ従業員や、取引先に対してその場しのぎの対応となり、結果後々まで負の遺産の抱えることになる企業を沢山みてきました。苦しいときこそ、未来を見据え、本当に信頼できるパートナーを選定する良い機会です。

強い信念と、時折みせる弱さを使い分け、演じる(役者さん)になることが、重要であり大きな求心力に繋がると考えます!


【其の80】目標達成の為には、重心の位置が重要!

いつもありがとうございます。今回は『テコの位置(重心)』の重要性についてお話しさせていただきたいと思います。

左の図は、テコの原理をビジネスに置き換えたものです。小学生の実験のレベルですが、重心の位置が中央より、目標に近ければ近いほど、持ち上げる力は体感として軽く感じるという実験を小学生の頃、皆さん体験されたと思います。

ビジネスにおいても、目標を達成する為に人の力を最大限活用するということは誰でもお分かりになると思いますが、いかにその力を軽く、簡単にやらせるか、また、より大きな目標達成する為に、力を使えるかが、経営者の腕の見せ所です。

重心の位置(ビジネス戦略・業務効率化など)は、会社で言えば経営者を含む一部の人間しか関与出来ない問題です。力点となっている人材ではどうすることも出来ない部分です。

どれだけ、目標達成に近い位置で、考え、準備するかどうかで現場の人材が軽く目標達成させれるかが決まります。

明確なビジョンを持ち、重心を左に動かすことが出来るか、逆に安易な考えで、右に重心が動けば、労力も必要以上にかかり、現場の不平不満にも繋がります。

常に重心を意識し、考えるということが今後とても重要になってくると考えます。


【其の79】情報を集めろ

いつもありがとうございます。今回は「情報」の重要性について話たいと思います。物事の全てにおいて情報とは基礎になります。よくよく考えて見ると皆さん無意識に、なにをするにしても、どこにいくにしてもまずは情報収集をしていると思います。

しかしながら、こと仕事となると情報収集を怠り、先輩の指導だけにおんぶにだっこの状態や、会社経営においても役員、代表の考えに従うばかりで自分で情報収集をしていない人がものすごく多いのが、日本の社会構造のように感じます。海外(欧米諸国)においては、従業員全体で意見交換をし、自分の意見を持たないものは、いくら従順な働きをしてもただの機械と同じとみなされる傾向にあります。

 

また、社内においてやっかいなのが、情報・知識・知恵を持たずに「感覚」のみで、行動する上司や経営者が以外に多いということです!基礎がない状態で、センスがあるように振舞っている人ほどやっかいな人はいませんよね。

貴方が、優秀なビジネスマン(ウーマン)になる為には、まずは沢山の情報を集め、必要な情報を知識として記憶し、その知識を応用した知恵(アイディア)を出すトレーニングを常に意識して、業務にあたることです!

そうすることで、その一連の流れが「感覚」として身についたとき、貴方はスペシャルな人材となることでしょう!!

とくかく、様々な情報に触れることからはじめていきましょう!


【其の78】夢や目標をもつことの重要性

いつもありがとうございます。今回は「夢や目標」をもつことの重要性について考えていきたいと思います。左の名言は吉田松陰の言葉ですが、将来どうなりたいのか、どうしていきたいのか、ビジョンを持っている人と持っていない人では、最終的に成功するしないが、その時点で決まってくると言うことです!社内、または部署において貴方がどうなりたいのか、どうしていきたいのかを考えていない人は成功者にはなれないということです!なにをもって成功者と呼ぶのかはそれぞれの価値観があるので、一概には言えませんが、多くの報酬を得る、社会的高い地位にのぼる、安定した生活を送る、などなどあると思いますが、どれひとつとっても、それは貴方の理想であり、夢や目標ということも出来るかもしれません。では、それを達成する為には、どうしたらそういった理想に近づくことが出来るかを計画しなければなりません、そして実行しなければ成功はありえません。

「欲を出そう!」聞こえは悪いですが、「欲」を出すことは、とても重要です!「欲」を出さず、遠慮ばかりしていては、「夢や目標」には到達しません。

いい意味で欲を出していくことが重要ではないかと思います。



AKooh

■業務内容

◎マーケティング、コンサルタント業務:イベント事業、企業マッチング、その他

◎卸売:オリジナルブランドのデザイン制作・アパレル商品の製造、販売、卸・・・現在調整中

 

 

 

■上記お問い合わせ先

※お問い合わせフォームより、メールにてお気軽にご連絡下さい

※迷惑メールと思われる内容については、然るべき対処させていただきます